寄付のお願い

寄付を募集する理由

心澄の利用料金はすべて無料です。
すべて無料の理由として、利用料金を取ると利用できない方が多いためです。
困っている方で相談に行くまでの交通費が無いなど金銭的に苦しい方は多く、また、苦しんでいる当事者にとって親に替わりに支払ってもらうことが心苦しいと感じる人も多くいます。
しかし、支援を提供するためには、残念ながらお金や物は必要です。
事務所の家賃代、事務費、車代、交通費、等々普通の会社と同じです。そして、片手間で行えるほど簡単ではありませんので、専門的に継続するための人件費も必要です。
これらを維持するために、皆様からの御寄付をお願いしたいと思っています。

民間で支援を行うことの必要性

行政からの支援をと考える方もいるかと思いますが、私たちの力不足もあり、ひきこもりや不登校関係に関しては、行政からの支援は少なく、特に訪問や本人が通うための委託事業等は特にありません。
また、行政は効果があると明確な結果と数字が出ている事に関しては動きやすいそうですが、そうでないことに関しては難しいそうです。
そのため、まずは私たち一般市民が創り、行政に必要性と効果を伝えて行く必要があると感じています。

ひきこもりは社会で解決する必要がある課題

そして、不登校やひきこもりを放置することは、社会にとっても大きな損失です。 下記に最悪の場合の“一人当たり”を中心とした損失について記します。
※参考資料:厚生労働省・内閣府調査

  • 一生、働かない事での経済損失は2億以上
  • 労働者数の減少(長崎県内:推定ひきこもり者数6,000人
  • 行政損失額 1億5万円(内生活保護費:9千万

逆に、35歳から年収200万程度で働き出した場合約8千万のプラス、があります。 マイナスとプラスの差は大きく、1人が自立するだけで数億円の効果があり、日本にとっても非常に高い効果があります。

寄付金について

寄付するか悩んでいる方はご連絡ください。私たちが行っていることや使い道などご説明させて頂きたいと思います。そして、納得頂きました時に御寄附いただけますと幸いに存じます。

一口 5,000,000円
一口 3,000,000円
一口 2,000,000円
一口 1,000,000円
一口 500,000円
一口 300,000円
一口 200,000円
一口 100,000円
一口 50,000円
一口 30,000円
一口 20,000円
一口 10,000円
一口 5,000円
一口 3,000円
一口 2,000円
一口 1,000円

※おいくらでも結構です。

一回の方
下記の口座にお振込みください。
メール等で住所をお知らせいただけますと、後日領収書をお渡しいたします。
継続の方
毎月、自動引き落としでの寄附をお願いしております。
メール等で住所をお知らせいただけますと、年度末にまとめて領収書をお渡しいたします。毎月必要な方はご連絡ください。
寄付金用口座
銀行名 預金種目 口座番号 口座名義人
十八銀行
(桜町支店)
普通預金 1057211 トクヒ)シンジョウ リジチョウ ミヤモトタカアキ
特定非営利活動法人 心澄
理事長 宮本鷹明
親和銀行
(長崎営業部)
6097430
みずほ銀行
(長崎支店)
1872020
ゆうちょ銀行
(七六八)
記号:17680
20319821